花粉症の薬

処方薬の通販

花粉症に効く処方薬

お医者さんの花粉症薬は通販できます

毎年やってくるイヤ~な花粉症の季節。花粉症の鼻炎を抑える薬は手放せません。
花粉症には、やっぱりお医者さんの薬がよく効くという方も多いのではないでしょうか?
しかし、残念ながら花粉症の処方薬はドラッグストアでは買えません。普段利用している通販サイトでも売っていません。
ですが、お医者さんの花粉症薬は、医薬品専門の通販サイトで通販することができます。

このサイトでは、医薬品の通販サイトで買うことができる「お医者さんの花粉症薬」を紹介しています。

アレグラは強すぎず、眠気が少ないスタンダードな花粉症の薬で、予防効果に優れています

よく効いて眠気も少ない

アレグラは、花粉症の治療薬としてサノフィ社から発売されている抗ヒスタミン薬です。
一般的なアレルギー性鼻炎の薬としてお馴染みで、季節性の鼻炎にも通年性の鼻炎にも効果があります。薬の作用は弱いため、副作用(とくに眠気)も少ないことから、幅広く使われている花粉症の薬です。
ちなみにドラッグストアで売っているアレグラFXは、お医者さんのアレグラとは別物です。

アレグラは70日分まとめて通販できます。
最安値で1日あたり107円です。

ザイザルは即効性が高く、発症してしまった鼻炎症状を抑えるのに最適な花粉症の薬です

アレグラより強い効果

ザイザルは、グラクソ・スミスクライン社製の抗ヒスタミン薬です。
ザイザルの特徴は、効き目と副作用のバランスが良い花粉症薬という点です。効き目の強さはアレグラよりも強いので、アレグラでは効かない、ひどい鼻炎症状の緩和に用いられます。
強力な花粉症薬ジルテックの眠気作用を抑えた改良薬として開発されました。
すでに花粉症の症状が発症してしまっている場合に最適な花粉症の薬です。

ザイザルは60日分まとめて通販できます。
最安値で1日あたり113円です。

クラリチンは眠気の作用がなく、効き目も長持ちな花粉症の薬です

眠くならない花粉症の薬

クラリチンは、MSD社から発売されている花粉症、アレルギーによる鼻炎などの諸症状を改善する抗ヒスタミン薬です。
花粉症の薬の中で「もっとも眠くならない薬」がクラリチンです。効き目が持続する時間も長く、鼻炎を抑える効果にも優れています。
花粉症の薬で「眠さ」を心配する場合、クラリチンかアレグラのいずれかが処方されます。

クラリチンは60日分まとめて通販できます。
最安値で1日あたり113円です。

ジルテックは最強クラスの効き目で、即効性の高い花粉症の薬です

最強クラスの花粉症薬

ジルテックは、UCB社製の花粉症・アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患の症状を抑える抗ヒスタミン薬です。
ジルテックを飲むと、比較的すぐに効きはじめ、鼻炎を強力に抑える効果があります。
症状が重い花粉症・鼻炎患者に有効ですが、薬の作用が強いぶん、眠気の心配もあります。
そのため、自動車の運転や高所での作業をする方には適していません。

ジルテックは60日分まとめて通販できます。
最安値で1日あたり104円です。

スギ・ヒノキ花粉症の予防に効く花粉症の薬の飲み方

花粉が飛んでからではもう遅い!
花粉症の薬は早めに飲んで、しっかり予防しましょう

花粉症の薬は早めに飲みはじめましょう

花粉症は一度症状を発症させてしまうと、鼻の粘膜がやられてしまったり、抵抗力が弱くなってしまうので、ほんの少しの花粉でもアレルギー症状を発症しやすくなってしまいます。
花粉症対策の一番の秘訣は『事前に予防すること』で、どれだけ花粉症の症状が出るのを遅らせることができるかがポイントになります。

スギ花粉対策で花粉症の薬を飲むタイミング

スギ花粉対策 服薬カレンダー

スギ花粉が飛ぶ2週間前を目安に花粉症の薬を飲みはじめましょう。一番早くスギ花粉のピークがくる関東地方では、1月中旬から花粉症の薬を飲みはじめましょう。

スギ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

ヒノキ花粉対策で花粉症の薬を飲むタイミング

ヒノキ花粉対策 服薬カレンダー

ヒノキ花粉が飛ぶ2週間前を目安に花粉症の薬を飲みはじめましょう。一番早くヒノキ花粉のピークがくる関東と九州では、2月下旬から花粉症の薬を飲みはじめましょう。

ヒノキ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

どれが一番強い?強力な花粉症の薬

鼻炎を強力に抑える!
効き目が強い花粉症薬の最強2トップ

花粉症薬の強さ・眠気の目安

「今すぐ止めたい」つらい花粉症の鼻炎。
症状がひどくなってしまった時にスパッと効いてくれる薬は、ザイザルジルテックです。
ザイザルとジルテックは、鼻炎を抑える効果と眠気の作用のバランスが良く、いざという時に頼れる花粉症の薬です。

花粉症の薬を強さで選ぶ場合に、知っておきたい最強2トップ(ザイザル、ジルテック)を治験データや価格で比較しています。

花粉症の薬を飲むと眠くなるのはナゼ?

抗ヒスタミン薬が脳内にあるヒスタミンとH1受容体にも作用してしまうことが眠気の原因となります

アレルギー症状を引き起こしてしまうヒスタミンは、鼻の中だけでなく、脳内にもある体内物質です。脳内にあるヒスタミンの働きが鈍ると、集中力や判断力などの人間の活動性が低下してしまいます。
抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンとH1受容体の結合を防ぐ一方で、脳内のヒスタミンの働きも阻害してしまうので、結果として眠気を引き起こしてしまいます。
鼻炎を抑える効果が強い薬ほど、この作用も強く「飲むと眠くなる」という症状が現れてしまいます。

花粉症の薬を眠気の作用の強さで並べたイメージ

脳内のヒスタミンには作用しない薬として、第二世代抗ヒスタミン薬が開発されました。眠気が少ないと言われるアレグラクラリチンなどは「第二世代抗ヒスタミン薬」です。

花粉症の原因となる花粉の種類と飛散する時期

花粉の時期・飛び始めとピークがわかるカレンダー

花粉の飛散時期カレンダー

花粉症のおもな原因となっている「スギ」「ヒノキ」をはじめ、全国で花粉症患者を悩ませている花粉が飛ぶ時期とピークはこのようになっています。

スギ花粉の飛散量が全国的に多くなるのが2月~4月の期間で、この時期にはヒノキの花粉も同じくしてピークを迎えます。花粉症患者の大半が「スギ・ヒノキ花粉症」といわれており、2月~4月は多くの花粉症患者にとって憂鬱な時期となります。

5月からはイネ科の植物の花粉がピークを迎えます。「夏なのに花粉症?」という場合のほとんどの原因がイネ花粉と考えられます。

9月になると、今度はブタクサなど秋の植物の花粉が一斉に飛びます。この時期の花粉の厄介なところは、原因となっている植物のほとんどが「どこにでも生えている植物」という点で、これらの花粉と接触を避けることは非常に困難です。

花粉が飛ぶ時期を把握して、前もって花粉症の薬を飲んで予防をしましょう。

花粉の時期【地域別】飛び始めとピークがわかるカレンダー

3月・4月【なんの花粉】春の花粉症

5月・夏の花粉症の原因はイネ科の花粉【どう対処する】

9月の花粉症の原因となる植物【予防】薬を飲むタイミング

12月・1月・2月【なんの花粉】冬の花粉症

花粉症の薬が作用するメカニズム
抗ヒスタミン薬ってなに?

アレルギー症状が発症するカギは「ヒスタミン」という体内物質にあります

花粉症はスギ、ヒノキ、イネ科の植物などの花粉が原因となって、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状を引き起こす病気です。
「季節性アレルギー性鼻炎」とも言います。
アレルギーの原因物質(アレルゲン)が鼻に入ると、鼻の粘膜ではヒスタミンという体内物質が体内に放出されます。ヒスタミンが鼻の粘膜にあるH1受容体と結合すると、鼻水、くしゃみといったアレルギー症状を引き起こします。

ヒスタミンを「カギ」に例えると、H1受容体は「鍵穴」という関係で、カギが鍵穴に入ることでアレルギー症状を起こすスイッチがONになり、鼻炎を発症させるのです。

抗ヒスタミン薬はヒスタミンがH1受容体と結合するのを阻害します

抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体を塞いでヒスタミンと結合するのを防ぐ

抗ヒスタミン薬は、ヒスタミン(カギ)がH1受容体(鍵穴)に入るのを防ぐ働きをします。これにより、体内でヒスタミンが放出されても、H1受容体と結合することができなくので、アレルギー症状の発現を抑えることができます。

スギ、ヒノキ、イネ科の植物などの花粉が原因で起こる季節性アレルギー鼻炎(花粉症)や、ハウスダストなどが原因で起こる通年性アレルギー鼻炎の症状を緩和させる鼻炎薬のほとんどは、H1受容体とヒスタミンの結合を防ぐ「抗ヒスタミン薬」です。

抗ヒスタミン薬ってなに?やさしい解説ページ

花粉症によく効く薬ランキング最新版

花粉症の薬ランキング