スギ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

スギ 花粉症

スギ花粉対策『薬はいつ飲む?』

スギ花粉が飛んでからでは遅い!
花粉症の薬は早めに飲み始めましょう

花粉症の症状がでてからでは遅い

花粉症の薬が「効かない」というのはよく聞く話です。しかし、ほとんどが症状がひどくなってから飲んだ場合の話であることが多く、それでは薬が効かないのも当然です。

花粉症は一度症状を発症させてしまうと、鼻の粘膜がやられてしまったり、抵抗力が弱くなってしまうので、ほんの少しの花粉でもアレルギー症状を発症しやすくなってしまいます。
こうなると花粉以外のアレルゲン(ハウスダストやダニの死骸など)にも反応して、花粉症と同じアレルギー反応がでてしまいます。

花粉症は、スギ花粉などのアレルゲンが体内に入ることで発症するアレルギー反応ですので、これを事前に予防することが重要なのです。

花粉症の薬は「症状の緩和」のためだけでなく「予防する」ために活用しましょう。

スギ花粉対策にアレグラを飲む
目安はスギ花粉が飛ぶ2週間前

スギ花粉対策に花粉症の薬を飲むタイミング

スギ花粉が飛ぶ2週間くらい前からアレグラを飲んで花粉症を予防しましょう。
これは「初期療法」といって、花粉症であることがわかっている場合に効果的な治療法です。
アレルゲンとなる花粉が飛びはじめる前にアレグラなどの抗ヒスタミン薬の服用を開始して、花粉が飛散するシーズン中のアレルギー症状を軽減させることが初期療法の目的です。
とくに中等症以上の花粉症の方に効果的な予防方法です。

ヒノキ花粉にもアレルギーがある場合はどうする?

スギ・ヒノキ両方の花粉症である場合は、スギ花粉のピークに合わせて薬を飲み始めて、ヒノキ花粉が終わるまで飲み続ける必要があります。
ヒノキ花粉のピークが4月ですので、1月下旬から飲み始めた花粉症の薬を5月のはじめ頃まで飲み続けると良いでしょう。
詳しくは以下のページをご覧ください。

ヒノキ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

スギ花粉のピークは2月~4月
関東では5月も要注意!

スギ花粉の飛び始めとピークがわかる飛散情報カレンダー

地域別スギ花粉の飛散時期カレンダー
【非常に多い】スギ花粉のピーク
東北地方:2月下旬~4月中旬
関東地方:2月はじめ~4月末
東海地方:2月下旬~3月下旬
関西地方:2月下旬~3月末
九州地方:2月中旬~3月中旬
【いつまで?】スギ花粉の飛散が落ち着く時期
東北地方:4月下旬頃
関東地方:6月上旬頃
東海地方:4月中旬頃
関西地方:4月中旬頃
九州地方:3月末頃

スギ花粉は、北海道と沖縄を除く地域で2月から本格的に飛散します。もっともスギ花粉の被害がひどいのは関東地方で、2月に入ると同時にスギ花粉の飛散量はピークに達し、4月いっぱいまでかなりの量が飛びます。
全国的に2月~4月がスギ花粉のピークとなりますが、スギ花粉は断続的に一年中飛散します。

ピーク時期を過ぎて、徐々に飛散量が落ち着いてくるのは4月以降となります。
関東地方では、スギ花粉が飛散する時期が他地域と比べて長く、6月はじめ頃にやっと落ち着きます。

スギ花粉対策『おすすめの花粉症薬』

[東北地方] スギ花粉情報

東北のスギ花粉

東北地方のスギ花粉は、2月中旬頃から飛散量が増えて、2月下旬~4月中旬あたりまでがピークになります。次第に飛散量が減っていき、4月の終わり頃に東北地方のスギ花粉は終息します。

スギ花粉対策として、花粉症の薬は2月上旬からアレグラなどを飲み始めると効果的な予防になります。

[関東地方] スギ花粉情報

関東のスギ花粉

スギ花粉の被害が一番大きいのが関東地方。
関東では、2月に入ると同時にスギ花粉の飛散量がピークに達します。4月いっぱいまでピークは続き、2月~4月のスギ花粉の飛散量は年間を通じて最も多くなります。
関東地方を襲うスギ花粉は、4月を過ぎるとやや収まりますが、5月になっても油断はできません。関東では6月上旬までスギ花粉対策が必要になります。

スギ花粉対策として、花粉症の薬は1月中旬からアレグラなどを飲み始めて、症状をみながら5月が過ぎるまでは服用を続けましょう。

[東海地方] スギ花粉情報

東海のスギ花粉

東海地方では、2月中旬からスギ花粉が本格的に飛散します。東海地方のスギ花粉は全国で一番ピークが短く、3月中旬頃から落ち着いてきます。とはいえ、4月中旬まではまだまだ飛散量も多いので、注意が必要です。

スギ花粉対策として、花粉症の薬は2月に入ったらすぐにアレグラなどを飲み始めると効果的な予防になります。

東海地域では、夏のあいだスギ花粉は飛びません。10月下旬に微量が飛散します。

[関西地方] スギ花粉情報

関西のスギ花粉

関西・中国地方では、スギ花粉は2月から飛散量が増してきます。関西・中国のスギ花粉のピークは2月中旬~3月下旬。4月中旬以降まで飛散が多くなりますが、5月を迎える頃には終息していきます。

スギ花粉対策として、花粉症の薬は1月下旬からアレグラなどを飲み始めると効果的な予防になります。

関西・中国地域では、夏のあいだスギ花粉は飛びません。10月に入ると微量が飛散します。

[九州地方] スギ花粉情報

九州のスギ花粉

九州地方のスギ花粉は、2月中旬~3月下旬が飛散量のピークになります。九州では、2月上旬から飛び始めたスギ花粉が終息するのは4月下旬頃です。

スギ花粉対策として、花粉症の薬は1月下旬からアレグラなどを飲み始めると効果的な予防になります。

スギ花粉症の特徴

スギの花粉症の症状

スギの花粉症の症状・特徴

スギ花粉症のおもな症状は「くしゃみ」「サラサラした鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」などです。このほかに「肌のかゆみ」「咳」「頭痛」「発熱」などの症状がでることがあります。咳の症状は重症になると、喘息や気管支炎を引き起こす可能性がありますので、咳の症状が長く続く場合は、お医者さんに相談してください。

スギ花粉のアレルゲン性は、じつはあまり高くなく、ほかの花粉と比べてアナフィラキシーショックや口腔アレルギー症候群を発症するケースはほとんどありません。

スギの花粉症はヒノキの花粉症と症状がよく似ていますが、スギとヒノキどちらの花粉に反応しているのかを見分ける方法として、
『くしゃみが多い場合はスギ』
『目のかゆみがひどい場合はヒノキ』

というように判断できます。

スギとヒノキはピークの時期はかぶりますが、まだ寒いうちから花粉症の症状がでるようならスギ花粉アレルギー、桜が咲くころに花粉症の症状がでるようならヒノキと判断できます。

花粉症患者の7割がスギ花粉アレルギー

花粉症患者の7割がスギ花粉アレルギーといわれており、花粉症=スギ花粉というイメージが定着しています。

スギ林の面積は、全国の森林面積の18%、国土の12%という広大な広さを占めています。
そのため、全国のスギが活発に花粉を飛ばす2月~4月にかけて日本の広範囲で「スギ花粉症」を発症させています。
スギ花粉症とは、スギの木が飛ばす花粉が体内に入ると、これを体外に出そうとして、アレルギー反応(鼻水や涙)が起こります。
春先の花粉症のほとんどがスギまたはヒノキの花粉が原因となっています。

スギ花粉患者の7割がヒノキ花粉にもアレルギー反応を起こします

スギ花粉にアレルギー反応を起こす人の7割近くが、ヒノキの花粉でも花粉症の症状がでるといわれています。
ヒノキ花粉は5月あたりまで飛散しますので、スギ花粉とヒノキ花粉の両方にアレルギー反応がでる方は、2月~5月の4ヶ月間にわたって花粉症に悩まされます。
アレグラなどの花粉症の薬をはやめに飲み始めて、十分な対策をとりましょう。

ヒノキ花粉にもアレルギー反応がでる方は、こちらのページも参考にしてください。

ヒノキ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

おすすめの花粉症薬

【スギ花粉症の予防に効く】
花粉が飛ぶ前に飲みはじめてしっかり予防する場合

事前の予防にはアレグラが最適です。飲みはじめる目安は、花粉が飛ぶ2週間前。まだ花粉症の症状がでないうちから飲みはじめると、花粉症の発症を遅らせることができます。眠気も少なく、高い予防効果が期待できるアレグラがおすすめです。

【スギ花粉症にすぐ効く】
すでに花粉症の症状がでてしまっている場合

すでに花粉症の症状がひどい場合は、即効性がある花粉症の薬ザイザルを使うと、1錠で1日中鼻炎を抑える効果があります。
ザイザルは花粉症の薬の中でも中程度の強さの薬で、効き目が強い薬のなかでも比較的眠気が少ないタイプのが特徴です。

花粉症(スギ・ヒノキ)薬はいつから飲む?

ヒノキ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

3月・4月【なんの花粉】春の花粉症

5月・夏の花粉症の原因はイネ科の花粉【どう対処する】

花粉の時期【地域別】飛び始めとピークがわかるカレンダー

更新日:2015年11月24日 (公開日:2015年11月24日)