クラリチンについてよくわかるまとめ

クラリチンの効果・種類・入手方法

クラリチンってどんな薬?

クラリチンは、MSD社から発売されている花粉症、アレルギーによる鼻炎などの諸症状を改善する抗ヒスタミン薬です。眠くならない花粉症薬といえば、クラリチンが一番でしょう。
眠気の作用がなく、鼻炎に対する有効性も高く、持続時間も長いのが特徴です。日本ではまだOTC(市販薬)がありません。

クラリチンの効果・効能

クラリチンの種類

クラリチンの入手方法

クラリチンの効果・効能

花粉症(アレルギー性鼻炎)の治療に

クラリチンは通常、花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状を緩和する薬として用いられます。
鼻炎薬に見られる眠気の副作用の心配がほとんどなく、そのため自動車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業に関する使用上の注意はありません。

クラリチンは、アレルギー症状を抑える効果の持続時間が長く、飲んでも眠くならないので「花粉症の薬を飲むと眠くなる」という悩みをお持ちの方に最適な花粉症薬です。

クラリチンは最も眠くならない花粉症の薬

クラリチンより強い花粉症の薬は?

クラリチンよりも作用が強い花粉症の薬には、アレジオンやザイザルがあります。
クラリチンよりも強い薬になると、眠気の作用がでる心配があります。ザイザルは眠気の作用もありますので、クラリチンより強い薬に替える場合には注意が必要です。

クラリチンより眠くならない花粉症の薬は?

クラリチンは、花粉症の薬の中で最も眠くならない薬です。眠気の心配はほとんどなく、クラリチンよりも眠くならない花粉症薬はありません。

皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)の治療に

花粉症・アレルギー性鼻炎の以外にも、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)の症状緩和にもクラリチンは効果があります。

主成分ロラタジンの働き

クラリチンの主成分ロラタジンは、ヒスタミン受容体の働きを抑えて、アレルギー症状を改善します。ロラタジンは脂溶性が低く、脳に入りにくいため、眠気の副作用がないとされています。

クラリチンの種類

クラリチンの処方薬

白い錠剤10mg錠があります。
口の中ですぐに溶け、水なしでも飲めるレディタブ錠10mgがあります。 粉末状のドライシロップ1%があります。

クラリチンのジェネリック

クラリチンと同成分の後発薬品として、ロラタジン錠10mg、ロラタジンOD錠10mg、ロラタジンODフィルム10mg、ロラタジンドライシロップ1%、ロラタジンDS1%があります。 いずれも効果はクラリチンと同じです。

クラリチンの市販薬

アメリカではOTC薬として市販されていますが、日本ではクラリチンの市販薬はありません。

クラリチンの入手方法

病院で処方してもらう

クラリチンは、錠剤、レディタブ錠、ドライシロップのいずれも処方せんで出してもらえます。3歳以上から処方可能です。お医者さんの指示に従ってください。

ドラッグストアでは売っていません

クラリチンはドラッグストアには売っていません。市販薬もありません。

医薬品専門の通販サイトで購入する

Amazonや楽天でクラリチンを注文することはできませんが、医薬品を専門的に扱っている通販サイトであれば処方薬と同じクラリチン10mg錠を購入することが可能です。
最大で60日分までネット注文できます。

claritinの通販はこちらから