抗ヒスタミン薬ってなに?やさしい解説ページ

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬の作用

アレルギー症状の発症原因となるヒスタミンの働きを阻害します

抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体を塞いでヒスタミンと結合するのを防ぐ

花粉症などのアレルギー性鼻炎は、ヒスタミンという体内物質がH1受容体(ヒスタミン受容体)に結合することでアレルギー症状を発症します。
抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンが結合するよりも早くH1受容体を塞いで、アレルギー反応が起きるのを防ぎます。

抗ヒスタミン薬の主な効能は、季節性や通年性のアレルギー性鼻炎症状の緩和ですが、蕁麻疹やかゆみを伴う皮膚疾患にも用いられます。

抗ヒスタミン薬の種類

第一世代抗ヒスタミン薬

ヒスタミンの働きを阻害する作用が強く、鼻炎などのアレルギー症状に効果的ですが、脳内でヒスタミンの働きを抑えてしまうため、集中力や活動力の低下、眠気を誘引する副作用も強くなります。
眠気の作用が強いため、服用後は自動車の運転、危険を伴う機械の操作、高所での作業などには注意をする必要があります。
原則的に、緑内障、前立腺肥大症がある場合には、第一世代抗ヒスタミン薬は使用できません。

第一世代抗ヒスタミン薬の代表的な薬一覧
アタラックス
ポララミン
レスタミン

第二世代抗ヒスタミン薬

第一世代抗ヒスタミン薬は脳内のヒスタミンに作用してしまうため、眠気などの副作用が強く現れてしまいました。
第二世代抗ヒスタミン薬は、脳に移行しにくく改良されており、集中力の低下や眠気の作用が飛躍的に軽減されています。新しく開発された薬ほど、眠気、口の渇きが改善され、長期的に服用できるようになっています。
さまざまな用途に活かされ、喘息の予防や、蕁麻疹、湿疹などの皮膚疾患、アトピーにも効果があります。

第二世代抗ヒスタミン薬の代表的な薬一覧
アレグラ
アレジオン
アレロック
エバステル
クラリチン
ザイザル
ジルテック
タリオン

花粉症の薬として使用されている抗ヒスタミン薬は、副作用が改善された第二世代の抗ヒスタミン薬が多くなっています。

花粉症の薬ランキング

更新日:2015年09月14日 (公開日:2015年09月14日)