花粉症の薬と風邪薬の併用はOK?花粉症に風邪薬は効く?

花粉症 風邪薬

風邪薬で花粉症薬の代用はできる?

抗ヒスタミン効果がある風邪薬なら
ある程度は代用可能

花粉症の薬と同じ抗ヒスタミン効果がある成分が含まれている風邪薬であれば、ある程度は花粉症薬の代用になります。

クレマスチンフマル酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ジフェニルピラリン塩酸塩のいずれかの成分が含まれている風邪薬には、抗ヒスタミン作用が備わっています。
一般的な市販の風邪薬の多くは、これらのいずれかの成分を使用しています。

抗ヒスタミン効果がある商品例
ルル
プレコール
コルゲンコーワ
コンタック®
ベンザブロック
エスタック

上記の商品には、クレマスチンフマル酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、ジフェニルピラリン塩酸塩のいずれかの成分が含まれており、抗ヒスタミン効果がある風邪薬の類です。

抗ヒスタミン効果がある風邪薬と花粉症の薬を一緒に飲んでしまうと薬効がかぶってしまい、眠気などの副作用が強く現れることがありますので、飲み合わせに注意してください。

風邪薬には鼻炎を緩和する以外の作用も含まれていますので、花粉症の代用薬として長期的に服用することはおすすめできません。

花粉症の薬と風邪薬の併用はできる?

飲み合わせがよくない風邪薬もあるので風邪薬に含まれている成分に注意

花粉症の薬は、ヒスタミンという体内物質がH1受容体と結合することを阻害する働きをする抗ヒスタミン薬というものになります。
抗ヒスタミン薬は、花粉症に限らず、アレルギー性鼻炎の症状を緩和する効果があります。

市販の風邪薬には、鼻炎症状を緩和する抗ヒスタミン効果も含まれている場合が多く、花粉症の薬と合わせて飲むと、同成分の過剰摂取で眠気などの副作用が強くでてしまいます。

風邪薬に含まれている成分のうち、以下の成分のいずれかが入っていると、抗ヒスタミン効果を含む風邪薬であると判断できます。

クロルフェニラミンマレイン酸塩などの成分を含んでいるかチェック

上記の成分は、市販の風邪薬によく使われている抗ヒスタミン効果がある成分です。
パッケージに表記されている成分のなかに、これらの成分が記載されている風邪薬は、花粉症の薬と飲み合わせがよくありません。

抗ヒスタミン効果を含まない風邪薬なら花粉症の薬と併用しても大丈夫

抗ヒスタミン作用をする成分を使用していない風邪薬であれば、花粉症薬と薬効がかぶらないので飲み合わせても問題ありません。

市販されている風邪薬で
抗ヒスタミン作用の成分を含まない商品例
パブロンSα
パブロンゴールドA
パブロン50
パブロンSせき止め
パブロンAG錠
パブロンエース
パブロンN
パブロンSゴールド
パブロンS
パブロンSC錠
ルルかぜ内服液
ルル内服液
ルルせき止めミニカプセル
ルルメディカルドロップO
ルル滋養内服液
ルル滋養内服液ゴールド
ルル滋養内服液ローヤル
ペラックスイート
カコナール
カコナール2
カコナール2 V顆粒
カコナール葛根湯顆粒
カコナール2葛根湯顆粒
カコナール滋養内服液
コルゲンコーワ鎮痛解熱LXα
コルゲンコーワかぜ薬(液体・顆粒)
コンタック®せきどめST
ベンザブロックせき止め(液・錠)
エスタック葛根湯内服液

上記はあくまでも市販薬の一例です。
このほかにも花粉症薬と併用が可能な風邪薬もあります。上記以外はダメというわけではありません。

市販の風邪薬を購入する場合は、店頭のスタッフに花粉症の薬と合わせて飲める薬かどうか必ず相談してください。

花粉症の薬と胃薬・制酸薬には相性がよくないものもある

更新日:2015年09月29日 (公開日:2015年09月29日)