花粉症の薬【眠くならないのはどれ?】眠気の作用で比較

花粉症 眠くならない薬

眠くならないのはクラリチンとアレグラ

花粉症の薬を眠気の作用で並べてみましょう

花粉症の薬(抗ヒスタミン薬)には、多かれ少なかれ眠気の副作用があります。
薬品ごとに眠気の強さは違います。
眠くならない花粉症の薬はどれでしょうか?
一般的な花粉症の薬を眠気の作用で並べてみましょう。

花粉症の薬を眠気の作用の強さで並べたイメージ

クラリチンは眠気の作用が最も弱く、服用時の眠気に関する注意事項もありません。
次いでアレグラ。服用をはじめた頃に少し眠気が出るという人もいますが、アレグラも眠気が少ない「眠くならない花粉症の薬」です。

アレジオン、タリオン、ザイザルには眠気の作用が強く出ることがあり、日中の行動に影響する場合があります。アレロック、ジルテックには、かなり強い眠気の作用があるので、服用後は自動車の運転や高所での作業は控えるようにしましょう。

眠くならない花粉症の薬をお探しの方は、まずクラリチンで間違いないでしょう。

鼻炎を抑える作用に優れているのは?

鼻炎を抑える効果はクラリチンがやや勝っています

眠くならない花粉症の薬は、クラリチンとアレグラです。では、鼻炎を抑える作用はどうでしょう?

2つのうち、鼻炎の症状を改善する作用に優れているのはクラリチンです。

クラリチンは鼻炎に対して有効性が高く、長時間効果が持続するうえ、眠気の心配もありません。眠気で仕事に支障が出て困る方に最適な眠くならない花粉症の薬と言えます。

眠くならない花粉症の薬で安いのは?

クラリチンとアレグラの価格を比べてみましょう

アレグラは市販薬にアレグラFXがありますが、クラリチンは処方薬しかなく、ドラッグストアでは購入できません。クラリチンとアレグラの両方が買えるのは、処方薬の通販サイトのみとなっています。

どちらも購入可能な処方薬の通販サイトでは、クラリチンとアレグラはいくらで買えるのでしょうか?

通販では箱で購入となります。それぞれ1箱の入り数が異なりますので、通販価格を日割りにした1日あたりの費用で比較します。

アレグラとクラリチンの1日あたりの費用を比較している表

約1ヶ月分として考えた場合、1日あたり
アレグラ=156円
クラリチン=123円

となります。
一番安く通販が可能なのは、アレグラを70日分まとめ買いする場合の107円となります。

クラリチンは市販薬がありませんので、購入は病院処方か通販のみとなります。
通販価格は、60日分まとめ買いで113円が最安値です。

花粉症の薬を強さで選ぶ【最強2トップ】はこれ!

花粉症の薬ランキング

更新日:2015年09月04日 (公開日:2015年09月04日)