9月の花粉症の原因となる植物【予防】薬を飲むタイミング

9月 花粉症

9月の花粉症は、どの植物の花粉が原因?

9月の花粉の代表格はブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、カラムシなど

9月に日本全国で猛威を振るう代表的な花粉は「ブタクサ」「ヨモギ」などの種類です。
秋の花粉症の原因としてよく知られているこれらの植物のほかに「カナムグラ」「カラムシ」があります。
それぞれの植物が引き起こす花粉症の症状の特徴を見てみましょう。

[9月の花粉] ブタクサの花粉症の特徴

ブタクサの花粉症の症状と特徴

ブタクサの花粉症の特徴は「咳がでる」ことです。ブタクサの花粉は粒子が細かく、気管にも入りやすいため、咳の症状がでることがあります。これがひどくなると喘息の原因となりますので、あまり咳が続くようならお医者さんに相談してください。

喘息のほか、ブタクサの花粉は食物アレルギーを発症させることもあります。スイカ、バナナ、メロンなどの食物アレルギーを併発させるといわれています。

効果的な対策は、まず第一にブタクサが生えている川辺や雑草地に足を踏み入れないことです。自宅の庭にブタクサが生えている場合は、なるべくはやく除草剤で駆除しましょう。
ブタクサの花粉は、あまり遠くまで飛びませんので「近づかない」ことでかなり予防になります。

花粉症の薬は、8月中旬から飲みはじめて対策しましょう。ブタクサ花粉のアレルギーがある方は、10月中旬まで気が抜けません。

[9月の花粉] ヨモギの花粉症の特徴

ヨモギの花粉症の症状と特徴

ヨモギの花粉症の症状は、一般的な花粉症の症状とかわりませんが、ヨモギの場合、予防するのが難しいことが特徴です。
ヨモギは日本中どこにでも生えている植物で、通勤や通学に通る道端、公園にも群生しています。私たちの生活圏のいたるところにあるので、ヨモギを避けるのはほぼ不可能に近いのです。

効果的な対策は、自宅や職場などに入る際に「衣服についた花粉をよく払い落とす」ことです。地味なようですが、これが効果的です。

花粉症の薬は、8月中旬から飲みはじめて対策しましょう。ヨモギ花粉は、9月中旬がピークです。10月にはだいぶ落ち着きますので、9月いっぱいが辛抱です。

[9月の花粉] カナムグラの花粉症の特徴

カナムグラの花粉症の症状と特徴

カナムグラの花粉は、ブタクサやヨモギと比べて、飛散するピーク期間が長いという特徴があります。関東では8月にカナムグラの花粉が飛び始め、9月~10月いっぱいにかけてピークを迎えます。カナムグラのピーク期間は、ブタクサのおおよそ2倍の2ヶ月間となります。

花の色を見ればカナムグラとブタクサやヨモギと判別がつきます。カナムグラは、花粉の時期には紫褐色(雌花)と黄緑色(雄花)の花を咲かせています。

カナムグラもやはりどこにでもある草ですので、避けて通るのは難しく、効果的な対策は「衣服についた花粉を払い落とす」ことです。

花粉症の薬は、8月下旬から飲みはじめて対策しましょう。カナムグラの花粉は、11月には急速に落ち着きます。9月、10月に注意してください。

[9月の花粉] カラムシの花粉症の特徴

カラムシの花粉症の症状と特徴

イラクサ科のカラムシもさまざまなところで見かける植物です。花粉症の症状にこれといった特徴は見られませんが、ヨモギなどと同様に完全に避けて生活するのが難しい植物です。
カラムシの花粉は、8月~10月にかけて、次第に飛散量を増やしながら飛びます。

効果的な対策は「衣服についた花粉を払い落とす」ことです。家に帰ったらすぐに着替えるなども効果があります。

花粉症の薬は、8月中旬から飲みはじめて対策しましょう。カラムシの花粉は、10月を過ぎると落ち着きます。

9月の花粉症対策で薬を飲むタイミングはいつ?

8月中旬からアレグラやクラリチンを飲み始めると吉

9月に花粉を飛ばす植物の花粉症予防には、花粉症の薬を前もって準備しておくことがポイントになります。
花粉症の症状がでてから薬を飲んでも、なかなか効きません。強い薬で症状を抑えようとすると、眠くなるといった不都合もあります。
アレグラクラリチンといった眠くならない花粉症の薬で、少し早めの予防が効果的です。

9月の花粉の時期を関東のカレンダーを例に見てみましょう。

関東地方の秋花粉の飛散状況

9月にピークを迎えるのは、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉です。
これらの花粉に対して「少し早めに」アレグラなどの薬を飲んでおくことで、有効な予防手段となります。花粉症の症状が発症してしまったあとは、鼻の粘膜が傷ついたりして、免疫力や抵抗力が低下します。鼻の粘膜がやられたあとでは、なす術なく花粉の攻撃にさらされ、薬で抑えることも難しくなります。

花粉症は、いかに発症を抑えるか?発症させる時期を遅らせるか?が重要です。
9月の花粉に備えて、8月中旬くらいには対策を打っておきましょう。

目安として、アレルゲンとなっている植物の花粉が飛ぶ2週間前から薬を飲み始めると、効果的な予防になります。前もって花粉症の薬を用意しておきましょう。

おすすめの花粉症薬

【予防に効く】
花粉が飛ぶ前に飲みはじめてしっかり予防する場合

事前の予防にはアレグラが最適です。飲みはじめる目安は、花粉が飛ぶ2週間前。まだ花粉症の症状がでないうちから飲みはじめると、花粉症の発症を遅らせることができます。眠気も少なく、高い予防効果が期待できるアレグラがおすすめです。

【すぐ効く】
すでに花粉症の症状がでてしまっている場合

すでに花粉症の症状がひどい場合は、即効性がある花粉症の薬ザイザルを使うと、1錠で1日中鼻炎を抑える効果があります。
ザイザルは花粉症の薬の中でも中程度の強さの薬で、効き目が強い薬のなかでも比較的眠気が少ないタイプのが特徴です。

5月・夏の花粉症の原因はイネ科の花粉【どう対処する】

秋の花粉症【いつ終わる】この花粉に注意

花粉の時期【地域別】飛び始めとピークがわかるカレンダー

更新日:2015年11月16日 (公開日:2015年11月16日)