12月・1月・2月【なんの花粉】冬の花粉症

12月 1月 2月 花粉症

12月・1月・2月の花粉はなに?

冬の時期に飛んでいる花粉の種類

植物の花粉は、冬でも風にのって飛んできます。もちろん冬の花粉の飛散量は、春や秋ほどではありませんが、微量ながら飛んでいます。
12月、1月、2月の時期に飛んでいる花粉をカレンダーで見てみましょう。

12月・1月・2月 冬に飛ぶ花粉の種類カレンダー

花粉の時期【地域別】飛び始めとピークがわかるカレンダー

12月の花粉
微量のスギ花粉が飛んでいます

12月の花粉は、スギ、イネ、ブタクサ

12月の花粉の正体は、スギ、イネ、ブタクサの花粉です。
北海道を除くすべての地域で、12月にはスギ花粉が微量ながら飛んでいます。
スギ花粉アレルギーで、12月にも花粉症の症状がでる方は、ひどくならないうちに花粉症の薬を飲んで、2月からのピークに備えましょう。

スギ花粉以外にも、イネ科の植物の花粉(関東・九州)、ブタクサの花粉(関東)が飛んでいます。秋の花粉アレルギーの方で、12月にも花粉症の症状がでる場合は、12月末まで花粉症の薬を飲み続けましょう。

花粉症の薬はネット通販でも買えます。非常時に備えて持っておくと良いでしょう。
【予防・即効性】おすすめの花粉症薬

1月の花粉
ハンノキの花粉が飛びはじめます

1月の花粉は、スギ、ハンノキ

1月になると、スギに加えてハンノキの花粉が全国で飛びはじめます。ハンノキ花粉のピークは3月頃ですので、1月の飛散量はまだ少ないです。

1月のスギ花粉は後半にかけて次第に飛散量が増えます。まだ花粉症の症状がでていない方でも、そろそろ花粉症の薬を準備しておいたほうが良いでしょう。
関東では、2月からスギ花粉がピークに入りますので、花粉症の薬を1月中旬から飲みはじめましょう。
【予防・即効性】おすすめの花粉症薬

2月の花粉
スギ花粉がピークに突入!
関東地方はヒノキ花粉にも注意

2月の花粉は、スギ、ハンノキ、イネ、ヒノキ

2月はスギ花粉の飛散量が一気に増えます。
スギの花粉は、2月~4月にかけて全国でピークを迎えます。2月中旬に急激に増えますので、早めに対策をしたほうが良いでしょう。
スギ花粉アレルギーの方は、2月に入ったらすぐに花粉症の薬を飲みはじめられるように、前もってアレグラなどを用意しておきましょう。

スギ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

関東では、2月上旬からヒノキ花粉が多くなります。ヒノキ花粉アレルギーの方は、1月下旬から花粉症の薬を飲みはじめましょう。
関西でも2月中旬頃からヒノキの花粉が飛びますが、飛散量はまだ少ないです。

ハンノキ、イネの花粉飛散量は微量です。

ヒノキ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

スギ・ヒノキの花粉症の方は、花粉症の薬を少し早めに飲んでおくと効果的な予防になります。目安として、1月下旬あたりからアレグラなどの薬を飲みはじめると、花粉症の症状が発症するのを遅らせることができる早期対策になります。

おすすめの花粉症薬

【予防に効く】
花粉が飛ぶ前に飲みはじめてしっかり予防する場合

事前の予防にはアレグラが最適です。飲みはじめる目安は、花粉が飛ぶ2週間前。まだ花粉症の症状がでないうちから飲みはじめると、花粉症の発症を遅らせることができます。眠気も少なく、高い予防効果が期待できるアレグラがおすすめです。

【すぐ効く】
すでに花粉症の症状がでてしまっている場合

すでに花粉症の症状がひどい場合は、即効性がある花粉症の薬ザイザルを使うと、1錠で1日中鼻炎を抑える効果があります。
ザイザルは花粉症の薬の中でも中程度の強さの薬で、効き目が強い薬のなかでも比較的眠気が少ないタイプのが特徴です。

スギ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

ヒノキ花粉症【いつから?どうする?】薬を飲むタイミング

3月・4月【なんの花粉】春の花粉症

花粉の時期【地域別】飛び始めとピークがわかるカレンダー

更新日:2015年11月20日 (公開日:2015年11月20日)