ザイザルについてよくわかるまとめ

ザイザルの効果・種類・入手方法

ザイザルってどんな薬?

ザイザルは、グラクソ・スミスクライン社製の抗ヒスタミン薬です。花粉症によるアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎などの治療に使われています。強力な花粉症薬ジルテックの眠気作用を抑えた改良薬として開発されました。
即効性が高いので、鼻炎の症状がでてしまった場合に最適です。ザイザルは処方薬のみで、市販薬はありません。

ザイザルの効果・効能

ザイザルの種類

ザイザルの入手方法

ザイザルの効果・効能

花粉症(アレルギー性鼻炎)の治療に

ザイザルの主な用途として、花粉症が原因で起こる鼻炎、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状緩和が挙げられます。
花粉症薬の中でも中程度に効果が強い薬ですので、花粉症の症状があらわれてから飲んでも十分に効果を発揮します。

ザイザルは中程度の強さの薬で一番バランスが良い

ザイザルは、効果が強いぶん眠気も伴います。
ザイザルを服用した状態で自動車の運転、危険を伴う機械の操作、高所での作業は避けてください。

ザイザルの眠気がひどい場合の対策方法

ザイザルより強い花粉症の薬は?

ザイザルよりも効果が強い花粉症の薬には、アレロックやジルテックがあります。
もともとザイザルは、強力な花粉症薬ジルテックの改良版として開発され、ジルテックの眠気作用を改善することに成功しましたが、そのぶん薬の効き目も少し弱くなっています。

ザイザルより眠くならない花粉症の薬は?

ザイザルよりも眠くならない花粉症の薬には、アレグラクラリチンがあります。
アレグラは、ザイザルと比べると薬の強さは劣りますが、眠気の作用が少ないので、自動車の運転、高所での作業をされる方でも比較的安心して飲める花粉症薬です。

蕁麻疹、皮膚炎、湿疹、痒疹、皮膚そう痒症の治療に

花粉症(アレルギー性鼻炎)のほか、ザイザルは、蕁麻疹、皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症の治療にも用いられます。

主成分レボセチリジン塩酸塩の働き

ザイザルの主成分には、レボセチリジン塩酸塩が使用されています。アレルギー症状を引き起こす原因となるヒスタミン受容体の働きをレボセチリジン塩酸塩が抑えることで、花粉症の症状を緩和します。

ザイザルの種類

ザイザルの処方薬

白い錠剤5mg錠があります。
錠剤の種類は5mg錠のみとなっています。
錠剤のほか、小児用薬としても処方されるザイザルシロップ0.05%があります。シロップは生後6ヶ月から服用可能です。

ザイザルの市販薬

ザイザルには市販薬がありません。

ザイザルの入手方法

病院で処方してもらう

病院で診察を受け、ザイザルの処方を希望することができます。ただし、眠気を伴う薬ですので、症状や職業によってザイザルの使用が危険と判断された場合は処方されません。
錠剤は7歳以上から服用可能で、7歳未満の小児でも生後6ヶ月からザイザルシロップの服用が可能です。

ドラッグストアでは売っていません

ザイザルはドラッグストアには売っていません。市販薬もありません。

医薬品専門の通販サイトで購入する

Amazonや楽天でザイザルを注文することはできませんが、医薬品を専門的に扱っている通販サイトであれば処方薬と同じザイザル5mg錠を購入することが可能です。
最大で60日分までネット注文できます。